笑顔の女性
心配している女性
白い薬の瓶
緑のカプセルと花

ピルは、単純に避妊を行うためだけに処方されているわけではありません。女性の健康面を考慮しても大きな役割を果たしている背景があります。使い方によっては、生理痛を抑えることができたりするため、身体面だけではなく精神的にもケアできる可能性がでてきます。特に、女性の生理の問題は日常生活の改善だけでは問題を解決できないことも多いです。そのため、ピルのような医薬品を使って正しく健康面から改善していくことはとても大切な事だといえます。

ピルの高い避妊効果

ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが存在しますので、それらを服用すると体内でホルモンのバランスを変化させることができるようになります。特に重要なのが、黄体ホルモンが変化することです。黄体ホルモンというのは、元々排卵後に増加する傾向にあります。排卵後に増加する黄体ホルモンは、その行為を脳の視床下部という部分に伝えて、排卵があったことを伝えるという仕組みを持っています。そのため、ピルで黄体ホルモンを増やすと排卵を抑えることができるようになります。

女性ホルモンは、月の間で一定の周期で卵巣から分泌されるというメカニズムになっています。こういったホルモン分泌に関わる大きな役割を持っているのが脳で、脳から指令を与えられることによって排卵というシステムが機能します。ピルは、この脳からの指令を疑似的に引き起こすことによって高い避妊効果を生み出しているという背景があります。つまり、元から存在している排卵のメカニズムを、医薬品の力で意図的に動かすようにしています。

確かに、本来ならばこういった医薬品を使わずに自然な形で健全な生理を迎えるのが一番です。しかし、生理にはいくつかの問題点があるのも事実です。まず、生理不順になった場合にその原因を特定するためには具体的な検査をしないとわからない部分があるという点です。自力で判断できるのならば問題ありませんが、詳しい原因はクリニックなどに行って調べる必要があるため、結局は医薬品を使った方が早く問題を解決できる可能性があります。

実際に、ホルモン分泌に関わる器官というのは細分化していくと視床下部や脳下垂体、そして卵巣といくつもあります。どの器官の働きが上手くいっていないのかを調べるためには、血中に存在しているホルモン量などを調べたりする必要があるので、具体的な検査をするまでは自力での対策がとりづらいという事情が存在します。

また、ホルモンバランスの崩壊によって生じる身体的な不調は生理だけとは限らないという点も重要です。生理が原因で不調が生じることは確かですが、それ以外の原因で身体的な不調や精神的な不安定さが生じている場合には、間違った方法で治療や改善を進めてしまう可能性もあります。そのため、効率的にそして素早く問題を解決するためにはピルを利用するのが効果的だといえます。

ピルの魅力は、量を変えることによってそれぞれの患者に最も適切な分だけ服用することができる点にあります。大用量で服用すると確かに副作用などで不安が生じる可能性もありますが、ピルは基本的に低用量で使われることがほとんどであり、身体への負担が小さいように作られています。実際に、世界中で使われているこの低用量ピルは含まれているホルモンの量が少ないので、生理以外の身体的な問題に対して影響が少ない側面もあります。

処方する方法も難しくなく、初心者でも受け入れやすいというメリットもあります。ピルは、1日1錠ずつ毎日同じ時間に服用することが大切であると考えられています。日々の生活の中で周期を自分で覚えるのが難しい、あるいは使用頻度を忘れてしまいがちになっている人でも、ピルは1回の周期でどの程度の量を使えば良いのかを明確にしてくれています。医薬品の1シートで21錠タイプと28錠タイプが提供されていますので、周期的にも覚えやすく非常に使いやすいです。

このように、高い効果を確認できるとともに誰でも使いやすいという魅力があるため、ピルは世界中で重宝されています。

ピルの効果は避妊だけではない

避妊だけではなく、生理に伴う身体的な痛みや精神的な不安を取り除いてくれるのがピルの大きな魅力です。ピルは、低用量のものであっても服用することで血中のホルモンの量のバランスの変化を小さくしてくれるというメリットを持っています。つまり、血中のホルモンの状態を安定的にしてくれるため、生理痛などの痛みを和らげてくれるメリットがあります。

また、急激なホルモンバランスの変化は自律神経への過度な負担を強いることになります。ピルを服用することで、こういったホルモンバランスの変化によって生じる自律神経への負担も軽減されますので、生理前症候群などの辛い症状を抑えることができます。特に、精神的な不安定さや不快感をかなり軽減させることができるため、生理前に常に気持ちが沈んでしまうような人は、ピルを服用することでそういった問題を取り除ける可能性が出てきます。

避妊効果以外のポイントとして見逃せないものに、生理周期の安定も挙げられます。女性の中には、生理周期が乱れてしまっていつやってくるのかわからないような人もいます。そういった人も、ピルを服用することで一定の周期できちんと生理がやってくるようになります。これは、薬の成分の影響でホルモンバランスをコントロールしやすくなるからです。

元々、生理は女性のホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つによってコントロールされています。ピルにはこれら2つのホルモンが含有されていますので、足りない部分や乱れている部分のバランスを整えて、正しい周期で生理がきやすい体にしてくれます。そのため、ピルを服用することで生理周期を安定させることができる可能性が高くなります。

さらに、最も大きなポイントとしては女性特有の病気に対してもピルはとても効果的であるという点です。その代表的なものが、子宮内膜症です。子宮内膜症とは、子宮内膜以外の部分に子宮内膜の細胞や組織が成長してしまう病気のことをいいます。この症状になると、周囲の器官と外部でできた組織が癒着してしまって、患部に大きな痛みが生じることになります。これは、もはや深刻な病気として処理しなくてはいけません。

現実的にも、子宮内膜症は不妊の原因にも繋がってしまう可能性があるものなので、早期に解決しないと将来的にも問題になってしまいます。ピルがこういった症状に効果があるのは、薬を飲むことで正しい子宮内の活動を促すことができるようになるからです。経血を減らすことができるようになりますので、それに伴う痛みを軽減させて症状を和らげることができます。子宮内膜症は、10代にも広がっている症状であるため国の方もピルによる症状の緩和を認めているほどです。

実際に、このような症状については保険の適用が認められています。基本的に、性に関連する医薬品については女性のものであっても男性のものであっても、保険の適用がしづらく自己負担の自由診療でクリニックに行かなくてはならないことが多いです。しかし、女性の症状として特に重いと考えられている子宮内膜症については保険の適用が認められています。ですから、お金をあまり持っていない若い世代であっても気にせずに医薬品を処方してもらうことが可能です。

確かにピルには避妊効果がありますが、それ以外にも周期の安定化や病気の緩和、あるいは未然の予防に繋がるということを知っておく必要があります。ピルを有効活用できる機会は、実は非常に多いです。