• ホーム
  • 不妊治療に使われている中用量ピルは服用中の妊娠確率が上がる

不妊治療に使われている中用量ピルは服用中の妊娠確率が上がる

避妊を行うためにピルを服用することは正しい認識ですが、実は不妊治療の現場でもピルが利用されることがあります。この場合は、一般的な低用量ピルではなく中用量のピルが利用されることが多いです。

そもそも、ピルは女性のホルモンバランスを整えることができる非常に便利なものです。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが一緒に配合されているものであるため、服用量を変化させることで様々な身体の症状に応用させることができるという大きなメリットがあります。

不妊治療に中用量のピルが利用されるのは、脳に対する黄体期への認識を高めるようにするためです。一時的にホルモンバランスを向上させることができれば、脳に対して生理上で都合の良い勘違いをさせることができるようになりますので、卵胞の発育や排卵のために良い影響を与えることができる可能性が高くなります。

実際に、不妊で困っている人には様々なタイプが存在します。そういったタイプの中には、生理の周期そのものがわかりづらく、どういった状況で排卵が行われるのかも判断が難しいケースもあります。この場合、中用量のピルを利用すれば意図的に女性ホルモンの血中濃度を変えることができますので、都合の良いタイミングで妊娠をするための準備を進めていくことができるようになります。

また、このような人工授精のような方法で利用するだけではなく実は体外受精のためにもピルを利用することがあります。体外受精前にも、排卵のスケジュールというのは非常に重要になるからです。受精をさせるための最善のタイミングを待っていては、都合よく体外受精をさせることが難しくなります。そのため、生理不順が存在するときにそういった要素をできるだけ排除あるいはリセットするためにピルが利用されることがあります。

特に重要なのが、月経周期のリセットです。不妊で悩んでいる人は月経周期をきちんと整えておかないと、何度も受精のチャンスが巡ってくるわけではないからです。そのチャンスを掴むために、医師と相談をしながら月経周期をリセットして、治療を進めていくことになります。

もちろん、妊娠確率は向上しますが確実に成功するとは限りません。ただ、実際の医療の現場でも有効活用されているのは事実です。人工授精でも体外受精でも利用することができますので、それぞれの不妊治療を受けている患者に選択肢を持たせることができますので、不妊と避妊の両方に役立てることができる非常に便利な薬だということがわかります。

関連記事
ウーロン茶とピルの相性が悪いってホント? 2020年06月08日

低用量ピルと食べ物や飲み物などに含まれている成分との相性は、個別具体的にみていくことが基本です。実際に、ウーロン茶などに関してはピルとの相性が悪いと判断されることもありますが、実ははっきりとそのように断定している資料も少ないという特徴があります。こういった判断が難しい相性の問題には、いくつかのポイン...

初めての人がピルを飲み始めるタイミング 2020年05月04日

ピルのタイミングは、目的によってかなり違います。基本的には、自分でスケジュールを組んでその日にタイミングよく生理周期を安定させることができるように服用していくことになります。一般的に、生理には周期を遅らせたいケースと早めたいケースの2つがあります。どちらのパターンを考慮したとしても、その目的とする日...

ピルの副作用で血栓症になるとどうなるの? 2020年04月07日

ピルにはいくつかの副作用があり、その中でも注意をしなくてはならない症状に血栓症というものがあります。血栓症になってしまうと、肺や脳の血管が詰まってしまって最悪の場合、死に至るケースも否定できません。実例でも、低用量ピルの服用中に血栓が詰まって死亡した事例が存在します。血栓症は、特定のピルで生じるもの...

低用量ピルは避妊目的だけじゃない!不正出血、生理痛の緩和の効果も 2020年02月12日

低用量ピルを服用することで、副作用の一種で不正出血が見られるという誤解が存在します。しかし、これは間違いで基本的にピルを服用すれば不正出血の状態を改善していくことができます。一般的に、低用量ピルの副作用には吐き気や偏頭痛といったものが挙げられます。こういった症状は、服用した初期の段階で出てくるもので...

避妊失敗120時間以内のアフターモーニングピル、アイピルの避妊確率は81% 2020年02月08日

アイピルは、それまでのアフターピルと比較して避妊確率が高いという特徴があります。アフターピルは緊急避妊薬として利用される医薬品ですが、事前に服用する低用量ピルと比較すると避妊確率が特別に高いわけではありませんでした。避妊の歴史は実は非常に長く、アイピルのようなアフターピルが登場するまではヤッペ法と呼...